渡邊綾人とApple製品の知識の広場

こんにちわ。このブログでは動画投稿のことや、Appleのちょっとしたお役立ち方法まで、皆様に共有していきます!

iPhoneが充電できない問題について解説

こんにちは。渡邊綾人です。

 

今日はiPhoneが充電できない問題について解説していきます。

 

iPhoneだけに関わらず、携帯電話を持っていて充電器に挿しても充電できないといったような問題を経験した方は沢山いらっしゃると思います。

 

私の元にもそういった相談を何度か受けてきましたが、多くの場合はBatteryの問題でした。。。Batteryの問題だとBatteryの交換をしてしまえば解決します。

 

ので、今回はバッテリーの問題以外を3つ解説をしていきます!

 

 

1,このアクセサリは使用できません。

 

iPhoneの充電器は5以降LightningCableというものに変更されました。今までの充電器は上下が決まっており、一々確認をしないといけません。しかし、LightningCableは純正品の場合上下が決まっておらず、気にせずに差し込むことができます。

 

しかし、良い点もあれば悪い点もあります。

 

LightningCableの場合、小さい端子であることから劣化するスピードが遥かに高いです。そうなれば、以下の画像のようなエラーメッセージが出現します。

 

f:id:watanabe_ayato:20171106185238j:plain

 

純正品の場合はこのようなメッセージはあまり見られませんが、Apple認定品じゃないものについては、最初は上手く充電できていたとしても数分後にはこのような表示が現れることがあります。

 

もちろん、認定品じゃない物に関してはiTunesなどによるデータ通信を行うことができな場合が多いので、Apple認定品もしくはApple純正品を使用しましょう。

 

では、認定品や純正品で同じような問題が起こったらどうしたらいいの?

 

これはとても簡単です。

認定品は開発しているメーカーへ、純正品はAppleStoreにあるGenius BarApple正規サービスプロバイダへ持っていくか、AppleCareへ連絡しましょう。

 

断線や被膜が破けているなどがなく、購入から一年以内であれば無償で交換を行ってくれます。

 

2,バッテリートラップ

 

充電がなくなったときの表示。

 

f:id:watanabe_ayato:20171106190005p:plain

 

 

そう。このトラウマ画面です。

 

これを我々は「バッテリートラップ」と呼称しています。

 

通常であれば、ここで充電器を差し込めば充電を開始して数分後にはAppleロゴが出るはずなのですが、これでも出ないという方がいらっしゃいます。

 

この場合は二通りあります。

 

一つはバッテリーの不具合です。これはバッテリーの交換をしたらいいので今回はスルーします。

 

今回触れるのは「iOSの問題」です。

 

一言で言うとプログラムがおかしくなってしまっている。所謂バグができてしまった状態。ということですね。

 

これを解決するには二つあります。

 

・初期化

  と

・強制アップデート

 

です。

 

初期化については

ここで解説しておりますので参考にしてください!

 

 

強制アップデートについては

watanabe-ayato.hateblo.jp

ここで解説しておりますので参考にしてください!

 

 

3,充電プラグの問題

 

f:id:watanabe_ayato:20171106192230j:plain

 

充電プラグというのはこれのことです。

これの中の回路が焼かれている場合や、ブラグ部分の腐食によって電気を通さないときがあります。

 

もちろん、純正品だけに関わらず非純正品の物にも言えることです。

 

さらに、非純正品の場合は対応しているiPhoneと対応していないiPhoneがあったり、そもそもAndroid専用の充電プラグだったりするので、そのあたりもよく調べた上で購入をすることが最も重要になります。

 

 

 

以上、3つ解説しました!

 

それでは皆様またお会いしましょう!SeeYou!