渡邊綾人とApple製品の知識の広場

こんにちわ。このブログでは動画投稿のことや、Appleのちょっとしたお役立ち方法まで、皆様に共有していきます!

WWDCでの発表でiMacProが出るだって!?

皆様こんにちわ。渡邊綾人です・

 

 

Apple好きの皆さんならもうこの事実は知っているでしょうが、ぜひとも私もブログで感想を綴らせて頂きたい。

 

そもそも、iMacとは何かというところからご説明しましょう!

iMacとは一言でいうとAppleが出しているディスプレイ一体型のPCになります。

洗礼されたフォルムが特徴で、アルミむき出しのその姿が特徴です!

 

ディスプレイもRetinaディスプレイになっており、画質が良いのも特徴で、動画制作をするひとなどに於いてはとても見やすいと思います。

 

私も持っているんですけど、デスクトップパソコンに於いてはとても優秀です。軽い動画編集や音源の編集などを行うのであれば一番やすいスペックのPCでも使っていける仕様になっております!

 

さて、本題に入りましょう

 

 

今回発表されたiMapProですが。

一言で片付けてしまうと「化物」です。

 

どうしてかって?

それでは詳しくここで解説をしていきましょう。

 

○新しいMacPro

Mac Proという元々あったMacintoshのProSeriesですが。

次世代モデルが米国カリフォルニア州で行われた「WWDC 2017」にて発表されました。従来の円柱型の形状から一転して「iMac」と同じ一体型形状が採用されていて、名称も'iMac Pro'へ変更されております。「Mac」史上最高と謳われるに恥じない豪華なモデルとなっていることは間違いないでしょう。

 

f:id:watanabe_ayato:20170606234700j:plain

 

さらに!従来のiMacと違う点が幾つかあります。

その代表として「色」が挙げられるでしょう。

 

現在のiMacの形状になってからはシルバーのみでしたが、今回スペースグレイに変更されています。

そしてもう一つの特徴がキーボードです。

ワイヤレスキーボードとして存在していましたこのMagicKeyboardですが、従来のKeyboardはテンキーが着いていないモデルでした。

これが今回はなんとテンキーが搭載されており、色もシルバーからスペースグレイに統一されています。

 

これはとても便利になりそうですね!

 

 

 

○肝心な性能は・・・?

搭載可能な最大スペックはなかなかな化物です。

CPUには最大18コアのIntelXEON」プロセッサを選択可能で、GPUにはAMDの「Radeon Vega」を採用。「Radeon Vega」の詳細はAMD自身も明かしてないらしいですが、単精度で最大11テラFLOPS、半精度であれば22テラFLOPSを叩き出す性能を備えているんだとか・・・。うん。化物ですね。

 

そして、動画編集などを行う方にとって重要な点とも言えるのがメモリですよね。

メモリは容量128GBまで、ストレージは容量4TBのSSDまでそれぞれ選べます。

インターフェースにはUSB Type-C形状のThunderbolt 3ポートを4基、10Gbitイーサネットを装備!

そのほか、UHS-II対応のSDXCカードスロットなどを備えているのも特徴と言えるでしょう。

 

 

○気になるお値段はいかほどに・・・?

今現在で作れる最強のMacintoshを仕上げましたと言わんばかりの化け物級Macintoshですが、気になるお値段ですよね。

最小構成のスペックとなるRetina 5Kディスプレイ、8コアの「XEON」プロセッサ、GPUに「Radeon Vega」、32GBメモリ、1TB SSDを採用したモデルで4999ドル(約55万円)だそうです。

それを考えると、最上位モデルは100万円以上でしょうね……。

発売は2017年12月を予定していると言うことでしょうが、実際はどうなるのでしょうか。

 

 

筆者も次に買うパソコンはMacProと嫁に言っていたのですが、流石にここまでのスペックが登場すると正直引きますね笑

ですが、大枚はたいて12月までにiMacProフルスペックを購入し、皆様にレビューをお届けしたいと思います!

 

これからAppleの情報には目が離せませんね><

 

SeeYou!